外国為替証拠金取引 外為 FX 業者 比較 トレイダーズ証券 三井物産フューチャーズ FXプライム 三貴商事 ひまわり証券 大平洋物産 サイトマップ

外国為替証拠金取引(外為FX)業者の比較と選び方、外国為替初心者のための基礎知識(為替差損益・スワップ・注文の種類)、用語集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国為替証拠金取引とは??

外国為替証拠金取引とは、世界各国の通貨(アメリカはドル、ヨーロッパはユーロ)と交換をする取引です。主な市場は東京・ニューヨーク・ロンドンが取引の中心となっています。

外国為替はさまざまな要因で変動します。この相場の変動を利用して取引を行うのが外国為替証拠金取引です。例えば、1ドル110円の時にドルを買い、120円の時に売れば1ドルあたり10円の利益を得ることができます。ただし逆の時(1ドル100円に値下がり)には損失となります。


外国為替証拠金取引と株式取引の違い
外国為替証拠金取引は小額の資金で多額の運用ができる(レバレッジ)取引です。通常の株式投資では、「1株いくら」で株数×1株の値段で売買することができますが、外国為替証拠金取引は証拠金(保証金)を為替取引会社に預けることで、証拠金(保証金)の何十倍もの取引が可能です。

外国為替証拠金取引と外貨預金の違い
外貨預金は円をユーロやドルに両替をし、銀行に預ける預金のことです。メリットとしては、国内金利と比べると金利が高く、預金の解約時や満期の時に、差益を得られることができます。ただし定期預金の場合は満期まで資金を拘束されてしまうので、何かしらの材料(為替変動に関してのニュース)が出たときに、売買のタイミングを逃してしまうことがあります。

外国為替証拠金取引と商品先物取引の違い
商品先物取引は、外国為替証拠金取引と同様に証拠金(保証金)を先物取引会社に預け、わずかな資金で多額の運用ができる取引(レバレッジ)です。商品先物取引は、モノを扱っているので、需給関係(モノがあるかないか)で値段が決まっています。ヘッジとしての取引色が強い取引とも言えるので、初心者にとっては情報の取捨が要求されます。先物取引価格は外国(ロンドンやシカゴ)の夜間取引の上がり下がりで、その日の価格が決まっているといっても過言ではありません。
スポンサーサイト
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。